種類

ステーキの種類 ステーキに利用する部位は、サーロイン、リブロース、ヒレ、モモ、ロースなど様々です。 一番代表的なのはサーロインです。腰肉の「ロイン」に伯爵と言う意味の「サー」がついてサーロインと呼ぶのだそうで、やわらかく、お肉の甘みが凝縮していて、霜降りが多いことで知られています。ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼き、どんな料理でも利用できます。 その次にステーキの部位として有名なのは、リブロースです。リブロースは肋骨から背中にかけてのお肉で、サーロインのお隣に位置します。こちらも霜降りが多く、お肉の甘みがたっぷり。肉質もきめ細やかです。 ヒレ肉は、赤みが多くやわらかいことで知られています。一頭からわずか3%しかとれない貴重な部位であることから、人気・お値段共にサーロインやロースと並ぶ部位として知られています。 モモ肉は後ろ足の付け根の部分。肉質は荒めですが、脂肪分が非常に少なく、脂身を嫌う方に好まれる部位です。赤みのお肉が食べたいときにはこのモモ肉が向いているでしょう。 そしてロースは、ステーキの中でも人気がある部位。背中の筋肉のお肉で、焼くの英語「ロースト」に、最も適している部分であることからこの名前がついたようです。サーロインやリブロースよりも脂身が少なく、適度な脂と霜降りがあり、食べやすいことから、人気がある部位となっているようです。